バリア機能の大切さ

大人ニキビの予防と密接な関係を持つ肌のバリア機能はみなさんご存知でしょうか?バリア機能とは、人間にもともと備わっている肌の内側にある水分を外に出させないようにして、かつ外部からの刺激を防いでくれる機能のことです。このバリア機能が低下してしまうと、水分が保てなくなり乾燥肌になってしまい、そこに外から外的刺激を受けてしまい大人ニキビを発症してしまうということになります。それではこのバリア機能が低下してしまわない為にどうすれば良いでしょうか?

肌のバリア機能を正常に保つ為にもターンオーバーを正常に保つということが必要になります。ターンオーバーとは、肌の表面にある古い細胞から新しい細胞に生まれ変わることを言います。このターンオーバーに大切なのはずばり保湿です。この保湿というスキンケアをしっかり行えているかがターンオーバーには重要ですので、この保湿をしっかりと行いましょう。保湿もさまざまな方法がありますが、ターンオーバーに必要な保湿は可能な限り肌の奥まで水分を浸透させることができる浸透力がある保湿剤を使用して下さい。具体的にはセラミドやヒアルロン酸といった成分がターンオーバーには効果的ですので、是非ターンオーバーを正常に保つためにもこの保湿を日頃から行うようにして下さい。

日常生活で気を付けること

大人ニキビができる一つの原因として、内的要因であるホルモンバランスが崩れてしまってできるといったことが挙げられます。外的要因ももちろん原因として大きいのですが、この内的要因をクリアすることで、人によっては大人ニキビを防ぐことができるかもしれません。ホルモンバランスの崩れとは言い換えればストレスや生活習慣の乱れと言っても良いでしょう。

ストレスを溜めないということは、現代ではなかなか難しいことかもしれませんが、そのストレスを発散することでストレスを溜めないということは誰でも可能だと思いますので、スキンケアにつながるという意味でも趣味やスポーツなどに時間をあて、少しでもストレスを発散できるようにしましょう。

そして生活習慣は、睡眠と食事の二つの意味です。質の良い睡眠を得る為にも寝る前にカフェインを多量に摂取したり、パソコンやスマートフォンなど目に刺激を与えたりする行為はできる限り避けましょう。食事は大人ニキビを予防する為だけではなく、病気などの予防にも大きな影響を与える行為です。大人ニキビを予防する為に良い食べ物は卵や納豆といったビタミンB2とまぐろや鶏肉などに含まれているビタミンB6といった食べ物です。この二つのビタミンを摂取することを心掛けて摂取するようにして下さい。難しい場合でもいまはサプリメントでも補えますので、食べ物が難しい場合はサプリメントでもOKです。外から行うスキンケアも大事ですが、内側から行う予防も同じくらいに大事ですので、スキンケアと並行して実践してみて下さい。

大人ニキビ予防

大人ニキビを作らない為に、予防はとても大切です。大人ニキビができる要因はホルモンバランスが崩れることでできる内的要因と肌が乾燥し毛穴がつまりできる外的要因の二つです。一つ目の内的要因を解消する方法は人それぞれ違ってきますが、二つ目の外的要因は基本的にはどの方も一緒です。

大人ニキビを予防する為には保湿が重要です。まず女性は化粧を落とすためにクレンジングをしますが、通常の方法でクレンジングを行っていただいて大丈夫ですが、できる限り優しくなでるようにクレンジングを行うことを心掛けて下さい。そして、次に洗顔です。洗顔は最大限に泡を立て、洗顔料はあまり皮脂を取り過ぎることがなくかつ刺激が少ない洗顔料で優しく洗って下さい。最後の拭き取りは摩擦をおこさないように注意して下さい。

洗顔後は乾燥しないようにすぐに化粧水を塗って下さい。化粧水は水溶性の保湿成分であるコラーゲンやヒアルロン酸が多く含まれている化粧水を使用して、叩く感じではなく押す感覚でしっかりと肌の奥にまで染み込むように浸透させましょう。そして、最後はどちらでも良いのですが、乳液かクリームを塗って下さい。乳液やクリームは水分を外に逃がさない役割を担っていますので、ご自身の肌がどの程度乾燥しているのかを含めて、自分自身に合う商品を選んで下さい。塗り方は化粧水と一緒で優しく押す感覚で浸透させて下さい。大人ニキビを作らない為にも前述したスキンケアを日常的に行うように心掛けて下さい。

【参照】ニキビケア化粧品|みんなの肌潤糖

スキンケアが大切な大人ニキビとは?

ニキビと聞いたらみなさん何を思い浮かべるでしょうか?多くの人が中学生や高校生のときにできる思春期ニキビを思い浮かべるのではないでしょうか?また、思春期ニキビで悩んだ方も多くいらっしゃったのではないでしょうか?もちろん思春期ニキビはとても多いですが、大人になってからできる大人ニキビも今の20代や30代の方にとって非常に悩みの肌トラブルの一つと言っていいでしょう。そんな大人ニキビですが、一体なんでできるのでしょうか?

大人ニキビとは、その名前の通り成人になった20歳以上の人がなるニキビのことでどんな方でもできる可能性があると言えます。大人ニキビの特徴として、再発しやすいという点が一つ挙げられます。一度大人ニキビができてしまい、その後治療を行わないと再び毛穴がつまり同じ所にニキビが再発してしまいます。つまった毛穴の奥にアクネ菌といった菌が残っていてその菌が大人ニキビを再発させてしまうのです。

そして二つ目に挙げられる大人ニキビの特徴は、できた後に跡になりやすいという点です。思春期ニキビは比較的に跡に残りやすいのですが、大人ニキビは思春期ニキビよりも肌の治りが遅く、治癒能力が低下してしまっている為、跡に残り多くの人の悩みの種となっているのです。大人ニキビになってしまった方でスキンケアを行わずに放置していた場合、40代や50代になったときにニキビが色素沈着しシミになってしまうのです。大人ニキビになってしまった場合はあとのことを考えてスキンケアをしっかりと行って下さい。しっかり行わないことで、この先ずっとニキビ跡に悩まされる方が多くいますので、徹底したケアを行うようにして下さい。